治療の特徴

①脳脊髄液調整法
この治療法は刺激によって身体がギュッと縮こまる防御反射が起こらない、「協調的刺激」という優しい刺激による画期的な治療法です。防御反射を起こさないので身体の深部まで刺激が伝わり、直接的に作用します。

ここから先は少し専門的な話が出てきますのでご容赦下さい。ざっくりとした簡単な概要は最後の方に書いてありますので、そちらだけお読み頂いても構いません。

中枢神経(脳、脊髄)は、血液から造られる脳脊髄液という、リンパ液と同じような液体に包まれています。
身体の機能が正常ならば絶えず新しい脳脊髄液が産生され、脳の活動の結果出来た代謝物を回収し、脳から脊髄、脊髄から末梢神経へと流れ、臓器などで吸収されて血液内に還り、最終的に腎臓で再利用できるものと廃棄するものに分別されます。

脳脊髄液調整法は、頭蓋骨の柔軟性を改善する(因みにこの時背骨や骨盤の歪みも同時に改善します)事で、頭蓋骨内で流れが悪くなっている脳脊髄液を排出しやすくし、脳の圧迫ストレスを除去し、本来の力を失った脳・自律神経の働きを正常化させます。 

自律神経は臓器などの各器官の働きを調整し、心拍数、呼吸の回数、消化、発汗、体温調節、内分泌機能、生殖機能、代謝といった不随意な機能を制御しているので、自律神経の乱れはこれらの機能に異常をきたし、内臓の異常を引き起こす原因の1つになります。

内臓からの異常を知らせるシグナルは、内臓-体性反射という自律神経反射により、姿勢の維持などに関わる筋肉の硬直(いわゆる筋肉のコリ)を起こしますので、自律神経の働きを改善する事は、原因がよく分からない内臓の不調や、コリに関わる問題の多くを解決する事になり、背骨や骨盤の歪みがさらに改善され、身体全ての可動性を回復させる事ができるのです。

そして最近注目されている自律神経の働きに免疫機能の制御があります。自律神経は交感神経と副交感神経からなり、このうち交感神経の過剰な亢進は、癌細胞を攻撃してくれるリンパ球の働きを抑制してしまうと言われています。つまり自律神経の働きの正常化は、免疫機能の正常化につながるのです。

その後身体が充分元気になったところで臓器、腺(ホルモンを分泌する器官です)など、組織の治療を行います。
先ず脳脊髄液を大量に産生させ、硬化(=老化)して脳脊髄液の流れが悪くなっている組織を特定します。そして協調的刺激を加え、柔軟性を回復させる事で対象の組織の機能が回復し、脳脊髄液の詰まりも改善し、組織を若返らせる事ができるのです。 

脳脊髄液の流れを調整するということはつまり、生命力が上がり元気になるという事とイコールなのです。 

難しい話を長々としてしまいましたが、要は頭が硬くなって血の巡りが悪くなり浮腫んでいるので、それを改善すれば脳が元気になって、身体も全部元気になるよということです。

以上が脳脊髄液調整法の概要です。

②鍼治療
血行の改善、スポーツなどによる怪我の回復、コリや痛みの緩和、自律神経の調整に効果があります。

鍼を刺すと軸索反射という特殊な反応が起こり、血管を拡げる物質などが発生し、局所的に血行が改善します。
障害部位の血流が活発になれば組織の修復に必要な物質もたくさん運ばれて来るので、治りが早くなります。

身体には痛みを抑制しようとするいくつかの仕組みが備わっています。
鍼刺激によりこれらを利用する事で、急性・慢性を問わず、痛みの緩和・除去が期待できます。

鍼による外部からの刺激は、体性-内臓反射によって自律神経を調整する効果があり、不定愁訴や筋肉のコリの改善が期待できます。

※脳脊髄液調整法と鍼治療を併用して頂きますと、内側と外側から自律神経を調整する事になりますので、より強力な効果が期待できます。
しかも薬品のような副作用はありません。

③指圧・あんま・マッサージ
押す、揉む、擦る、叩くなどの刺激によりコリを解し、血行を促進し、自律神経の働きを整えます。

鍼灸・指圧・マッサージ 健康と美のサロンWHIRL